家具の修理サービス

毎日使う家具だから不具合はつきもの

家具の材料は木材ですから、金属などとは違って味わいや素材感はあるものの、どうしても耐久性に欠けるうらみがあります。長年使用していると、引き出しの抜き差しがしにくくなったり、表面の一部が欠けてきたりします。毎日使うダイニングの椅子やテーブルなどは、座ったり動かしたりの負荷を細い脚で支えるため、きしみやぐらつきが発生しやすい家具といえます。不具合のあるまま使用するのは見栄えや使い勝手が悪いばかりでなく、イラつきなど精神衛生上もよくありません。と言って、簡単に買い替えるのも費用もばかになりませんし、購入してそれほど時間の経っていない家具などは処分するにも惜しいものがあります。そのような時に利用したいサービスに家具修理があります。

家具修理とはどのようなものか

家具修理サービスは、丁番や金物などの部品の交換、欠けや壊れてしまった部分の補修、剥げてしまった塗装の再塗装などを主に行なうサービスです。家具修理は家具製作会社が行なっているより、家具修理専門に特化した会社が多いのが特徴です。家具と言っても洋家具から和家具、タンスなどの箱物家具や椅子などの脚物家具、材料も無垢の木や合板など、それぞれ分野に分かれており、同じ家具業者でも得意不得意があります。家具修理業者は全ての分野を熟知したエキスパートであり、和洋、材料など問わずどのような家具でも修理が可能なのです。家具修理を依頼する時の注意点は調整などにかかる手間によって費用が異なってきます。予算を伝え、見積りを取る事は必要となります。また、時間もかかる場合があるため、例えば飲食店の椅子などを修理に出す場合は、営業に差し支えないよう替わりの椅子を借り出しできるかを確認しましょう。